いらないんだよその適当な会話


ふだんからめったに関わらない理由
「あちこちで陰口言ってるからだよ!」

いい大人で人の親でも
ずっとそうやって生きてきたんかな

久々に
いらない情報をラインしてきて
そこまではまぁいいけど
そのあとに忘れないのは

その相手に合わせた陰口を
言ってくる
それさ
たぶん 今の情報じゃないよね
何年もまえに言ってたのと同じだよね
今起きてることじゃないけど
この相手には
このことを悪く言っておくっていう
なんかメモでもあるんでしょうか

相手に合わせて言っておいて

そうなのそうなの わかってるね~
って
思ってほしいのか

自分は味方ですって思わせておきたいのか
もうばれてると思いますが
「よし」ってチェックでもしてそうだな

だからね
さっきこっちで言った陰口の相手に
こっちの陰口を言うっていう
わかりやすいおつむよね

そんなことをいつもやっていて
みんながそれに騙されてるとでも?

こう言っておけば
自分はみんなの味方
みんなは私と仲良しになれた

とか?

なんでそんなつまんないことやるんだろ

同じように陰口を言い合う人だらけになって
何が楽しいのかな

陰口言うことでしか
人と仲良くなれないんだ?
すごい寂しいね

それであれよ

なにかあったときは

私は関係ないし~って顔するんでしょ
そういうやつって
自分も一緒に悪く言ってたのに
まるでなかったように知らん顔するんだよ

自分から悪く言ったわけじゃないんで~~
って感じ?

くそだろ

だからひさびさの
ご連絡の締めくくりが
数年前と同じ陰口だったので

ほんとにつまんねーやつだなと
関わってくんじゃねーよと
既読ルーしました

他に話すことないんか

人の言ってたことしか話せないんだよな
だって四六時中 SNSにくぎ付けやろうだからね

自分の言葉なんかあるわけな~い

いらんわ


むりやり そういう波動の低いやつと
関わる必要がないってこと

いい加減なやつは
同じ話を何度もする
それは
あっちこっちでいつも
同じ話をして回っているからです

覚えてないこと自体
相手に対しても失礼
いい加減
気持ちがこもってないやつだってこと

勉強になるね~


【新品】人を信じるということ 晶文社 島田裕巳/著 - ドラマ 本と中古ゲームの販売買取